http://nagoya.tokyu-hands.co.jp/
 

 

実績(提案)事例

竹島水族館&東急ハンズ&ピースピースのコラボ企画販売

yahooニュース「みんなの経済新聞」掲載記事内容

名駅の東急ハンズで「竹島水族館」特集 グソクムシせんべいやカプセルトイ /愛知

名駅の東急ハンズで「竹島水族館」特集 グソクムシせんべいやカプセルトイ /愛知”海の生き物をモチーフの、地元の絵本作家の作品が表紙を飾るオリジナルスケッチブック”拡大写真

東急ハンズ名古屋店(名古屋市中村区名駅1)8階で7月13日、「竹島水族館」(蒲郡市)の特集企画が始まった。(名駅経済新聞)

「超グソクムシせんべい」と「超ウツボサブレ」

1956(昭和31)年にオープンし1962年に移転した「日本で1、2位の古さを誇る」という竹島水族館。生物のユニークな展示方法や、スタッフ独自の視点で解説したイラスト付きの手作りポップなどが人気を集め、近年、SNSやメディアで取り上げられ年間40万人以上が来館しているという。
「地元の魅力あるコンテンツを応援し、より盛り上げていきたいとの考えから商品企画を行っている」という同企画担当者の永野博士さんは「独自の路線で来館者数急上昇中の竹島水族館さんのことを見聞きし、何か面白いことを一緒にできたらと思い、当イベントを企画した。語りきれない魅力を、当店で少しでもお伝えできれば」と話す。
水族館の売店でも販売しているという、地元の絵本作家らが海の生き物をモチーフに描いた作品が表紙を飾るオリジナルスケッチブックは、全13種類を用意。同企画のために作った新規絵柄5種類と、既存の絵柄をハンズコラボ仕様に仕立てた8種類を用意する。絵柄は、オオグソクムシ、タカアシガニ、ウツボ、サンゴ、アロワナ、メダカの学校など。価格は大=680円、小=630円。1ページ目は塗り絵状態の線画イラストでそのほかのページは無地となっている。
商品には水族館スタッフによる絵本作家のプロフィルを載せた手描きポップを設置。「人気者たちが表紙を飾っていて、見ているだけで楽しい気持ちになれるスケッチブック。使ってよし、飾ってよしのオリジナルスケッチブックをぜひ一度見に来ていただければ」と永野さん。

東日本新聞の掲載記事

絵本作家が表紙描く作家ごとの個性光る/館内の生き物をモチーフに/竹島水族館のスケッチブック好評2017/04/02

蒲郡市竹島水族館の新商品で、館内の生き物をモチーフにした絵本風のスケッチブックが好評だ。絵本作家が表紙を手掛けた全8種類。2カ月で500冊を売り上げ、特にカピバラが描かれた「おえカピ帳」は早々に売り切れた。
表紙を描いたのは名古屋市のデザイン事務所「ピースピース」所属の絵本作家8人で、副館長の戸舘真人さん(36)が企画した。
表紙絵にはカピバラのほかタカアシガニやオタリア、ウツボ、空飛ぶクラゲやお魚マンションなどが登場し、作家ごとの個性が際立つ。
画用紙15枚に、表紙と同じ絵柄の塗り絵もとじ込まれている。値段はいずれも税込みでB5判が550円、A5判は500円。画用紙は、さざ波模様が入った高品質なマーメイド紙を使用した。
館内ではさっそく、このスケッチブックで魚を描く子どもの姿もある。戸舘さんは「持ち歩いてお絵かきに使ってほしい。魚に興味を持ってもらえれば」と話す。
竹島水族館はお土産品として、お菓子や文房具など10種類以上を販売。オオグソクムシを練り込んだせんべいなどのヒット商品が生まれている。

お菓子のジャイアンツデザイン

 
 
企業・お店・団体・施設のご担当者さまへ
デザイン事務所『ピースピース』は、名古屋市千種区にあり約30名の絵本作家・イラストレーターが所属しております。IT化が進む昨今、あたたかみのある手描き(手書き)のデザイン・イラストが人気を集め、多くの企業・団体さまからご依頼をいただいております。
今、デザインはブランド戦略、商品制作だけでなく、企業の理念や考え方をわかりやすく伝える手段として、その価値が高まっています。
企業や団体においては、オリジナル商品の企画・制作・販売促進に、各地域の自治体では、街づくりからプロモーション活動に至るまで、デザインは欠くことのできないものになっています。当デザイン事務所では様々なデザインに関わる案件に対し誠心誠意向き合い、企業、団体、店舗さまのご要望にお応えしています。

手のかかるものには、きっと心も、こもっているはず・・・
パソコン1台で簡単にデザインできる時代ですが、アナログ感が残る手描きデザインは、親しみやすや温もりのようなものを感じます。
今ほとんどがコンピューターによって描かれる場合が多いのですが、私たちは、いかに堅苦しくないか、やさしさ、ぬくもりを表現できているかを考えた結果、やはり手描きのデザインにたどり着きました。
ちょっとした色彩の使い方や線種の太さなど、コンピューターでは表現できない部分を手描きで表現しています。
身の回りにデジタルデザインがあふれる現代、手描きのデザインはどんどん少なくなってきています。
しかし、手描きのデザインは独特のあたたかみを感じ、人間味を感じ、なぜか見てしまう・・・という人も多く、多くの企業・団体さまから手描きデザインでのイラスト、挿絵、グッズ制作などのご依頼が増えています。

「普通のグッズ制作はつまらない」
「おもしろい会社概要をつくりたい」
「子供用の教育グッズを制作したい」
「オリジナルカレンダーを制作したい」
「プロモーション用の絵本をつくりたい」
「介護施設でお年寄り向けの知育グッズをつくりたい」
「お絵描きイベントをしてほしい」
「オリジナルのメニュー表をつくりたい」
「自分たちのオリジナルキャラクターをつくりたい」

などなど、様々なご要望にお応えいたします。