トレンドにある5つの古典フォント(そしてその理由)

そこには何千もの書体があり、いつもより多くのものがリリースされています。また、近年のフリーフォントの高品質化や量産化に伴い、デザイナーにとって圧倒的な選択肢となります。

あなたが余裕があれば、別売ブランドの書体もますます人気が高まっています。彼らは、騒音をカットし、声のちょうど良い音色を伝えるユニークで個性的な個性をブランドに与えるのに役立ちます。そうでない場合は、適切な量の研究とデューデリジェンスで、あなたのニーズに合った書体を見つけることができます。

しかし市場での活字の普及にもかかわらず、数少ない貴重な人たちは、若い偽りの声の中で、何十年も、何世紀もの間、要求に応え、関連性のあるテストを続けてきました。

だから、彼らの年齢をまだ示していない5つの古典的なフォントへの私たちのガイドを読んで、なぜあなたの次のプロジェクトのために正しいかもしれない…

01.フューチュラ
フツラ書体

Paul Rennerによってデザインされ、1927年にリリースされたFuturaは、幾何学的なサンセリフの祖父と見ることができます。これは、Google、Mastercard、Spotifyのようなミニマル・リブランド10年。Futura自体は、Alfa Romeo、Cisco、Domino’s Pizza、Gilletteなどのめまぐるしいブランドのブランドによって使用されています。

Futuraは90歳の大歳に達したかもしれませんが、象徴的な書体の人気は衰えの兆しを見せていません。バウハウスの精神を胸に、そのデザインはシンプルな幾何学的形状(特にサークル)に基づいており、今日の効率、純度、近代性を醸し出しています。

そのストロークは滑らかで、コントラストも低く、タイプフェイスは全体的に – その時点でプログレッシブであっても、グロテスクな相手の顔に飛んでいるにもかかわらず、1927年の2018年。

02カスロン
カスロン書体

Caslonは91歳のFuturaをスクラッピーな新興企業のように見せかける。名前は、1692年から1766年まで住んでいた金属製の金型を作るために使用された「パンチ」の彫刻家であるウィリアム・カスロン(William Caslon)を参照しています。

それはいくつかの異なる品種と現代の復活にもかかわらず、カスロンとして知られている書体は、彼が18世紀に確立したオーガニックの旧式の外観と感触を保持しています。Futuraのように、Caslonはロンドンの時代に先んじて、インスピレーションのために輸入されたオランダのバロック様式の書体を描きました。

古典的な優雅さと読みやすいテキストの大通りで知られていたカスロン書体は、19世紀初めに一時的に人気を失っていましたが、書籍、雑誌記事、百科事典などに300年にわたる重力を与えています。

03. Garamond
ガーランド文字の書体

書籍のテキストの大部分を設定するためのもう一つの一般的な書体、Garamondの遺産は、3世紀のCaslonを若いホイッパスナッパーのように見せかけるものです。ウィリアム・カスロンのように、パリの彫刻家、クロード・ガラモンドは、金属型のためのパンチを作り、最初に16世紀に彼の名を冠する書体を作りました。

その歴史はさらに1495年にさかのぼることができます。デザインは元々ヴェネツィアのプリンタAldus Manutiusによって設立され、パンチカッターFrancesco GriffoによってデザインされたOld Styleセリフモデルに従います。GaramondとCaslonの両方は、自然でほとんど手書きのルック・アンド・フィールを維持しますが、強くて時代を超越した構造です。

書体の現代的な復活の多くは、Jean Jannonのような現代初期フランスのタイポグラフィシーンにおけるGaramondと彼の同時代の作品からインスピレーションを受けています。家族は長文のテキストを設定するための実行可能な選択肢のままです。

04.クラレンドン
クラレンドン書体

スラブ・セリフは、19世紀初めの英国のレタリング、印刷、サイネージで特に人気を博しました。そのため、クラレンドンは1845年にリリースされたこのトレンドの波に乗っていました。オリジナルのデザインはパンチカッターBenjamin Foxによって刻まれ、Robert Besley、タイプファウンドリーのパートナーであるThorowgood and Co.

Clarendonの人気は、その外観と感触が、20世紀の後半と20世紀後半の間に、他のファウンドリによって広く模倣されていたため、効果的にタイプデザインのサブジャンルを効果的に生み出しました。

クラレンドンの多くの異なる品種は独自の特異性を持っていますが、一般的な要因は、比較的一様なストローク・ウェイトと括弧で囲まれたややテーパのあるスラブ・セリフを持つ大胆で堅実な文字フォームです。このタイプフェイスは、今日のディスプレイ用途、特に活版印刷や木版印刷作業において人気があります。

05.アクツィントズ・グロテスク
Akzidenz Grotesk書体

Helveticaは、20世紀半ばのスイスのデザイン原則を受け継ぐグラフィックデザイナーの全世代を定義した書体になっています。それは、国際的なタイポグラフィースタイルとしても知られています。しかしHelveticaは、ベルリンのBerthold Type Foundryが最初にリリースしたサンセリフ家Akzidenz Groteskの足跡をたどっています。

Accvidenz GroteskはHelveticaより約50年前の1898年にリリースされ、装飾や読書を容易にするためではなく、広告や宣伝用資料のコミュニケーション、説得、最終販売を目的とした、明らかに「商業的」な書体の波の一部でした。

Futuraがその幾何学的なアプローチで打ち負かすグロテスクなサンセリフの伝統に続いて、Akzidenz Groteskは19世紀後半のドイツのタイポグラフィの主要指数の1つになりました。シンプルで大胆でニュートラルな、しかも「Q」、「R」、「J」などのキャラクターのHelveticaより幅広い子孫とは明らかに異なるが、120年前の古典的なサンセリフの選択肢のままである。





~手描きのデザイン事務所ピースピースより~

愛知県名古屋市にある当デザイン事務所には、約30名の絵本作家・イラストレーターが所属、多数の企業・団体・店舗さまのご依頼にお応えしています。あたたかみのある手描き(手書き)イラスト・絵本制作・商品デザインなら、ぜひ当事務所にご相談ください。


これまでの制作実績

・愛知県さまからご依頼いただいた教育用紙芝居
・外資系自動車部品メーカーさまからご依頼いただいた、記念カレンダー
・飲食店さまからご依頼いただいた手描きメニュー表
・愛知県蒲郡市にある竹島水族館さまからご依頼いただいた、オリジナル販売グッズ
・介護施設様からご依頼いただいた、アクティビティグッズ
・リトミック教室さまからご依頼いただいたリトミック用の絵本
・愛知県にある市区町村さまからご依頼いただいた地域信仰絵本
・知多半島にある酒造メーカーさまからご依頼いただいた社会見学用の民話絵本
・某温浴施設さまからご依頼いただいた、温浴施設スタンプラリー用パンフレット
・博物館 明治村さまクイズラリー「虹色みーつけた」メインビジュアル制作
・日立アイイーシステム労働組合のQuoカードデザイン
・介護タクシー会社さま/会社案内パンフレット
・竹島水族館の販売用グッズ、オリジナル『あいうえお表』
・福島ひまわり里親プロジェクトさまのキャラクターデザイン
・某食品会社さまからご依頼いただいたコーヒーパッケージデザイン
・愛知県の幼稚園さまからご依頼いただいたオリジナル読み聞かせ用絵本