フリーランスのイラストレーター

あなたのビジネスについて教えてください
私はフリー・イラストレーターです。私は私の最初の手数料が与えられたとき私の学位の終わりに向かって商業的なイラストに落ちた – 私は誰かが私が愛して何かをするために私に支払うと思っていないことができませんでした – と商業的なイラストが実現可能な道だった国内外のブランドのイラストレーションを始めました。

あなたは手描きの抽象的なイラストレーションとタイポグラフィーを専門に扱います – あなたはいつもこのように働いていますか?
私は大学でグラフィックデザインを学んだ、特にミニマルデザインが好きだった。勉強しているうちに、私はすべてのルールのためにそれを憤慨し始めました。それがイラストレーションと抽象的な手描きの仕事に対する私の情熱を感じさせました。私はイラストレーションがもっと表現力豊かであることが分かりました。デザインルールに従うのではなく、ただ座って引っ張ってもらえるのはもっと自由だと思います。

あなたのビジネスを始めるという野心とドライブはどこから来たのですか?
私はグラフィックデザインを学んだので、私は卒業したときスタジオで9-5の仕事をしていると思っていました。私は別の経路があることを認識したとき – それだけで行く – 私はちょうど飛躍したと思います。私の主な目標は、自分自身を表現し、自分が作っているものに本当に満足していることです。そうすれば、他の人が好きなら、それはボーナスです。

あなたは信じられないほどのクライアントと仕事をしています。あなたの仕事はどのように気づいたのですか?
私はそれがすべてドミノ効果であったと思う。それはもともとニースが始まったとき、私がまだ学生だった間に私の仕事の一部を公開しました。私の最初のクライアントは、自分のウェブサイトで私を見ている誰かから来て、同様の方法でクライアントからクライアントに従いました。最初の主要なブランドはMalibu Rumでした- 彼らはイラストレーションと写真のコンビネーションである私のミックスメディア作品の一部を見ました。

私の手数料のほとんどは口から出ますが、あなたのウェブサイトを最新の状態に保ち、社会的存在とデジタルポートフォリオを持つことは本当に重要です.MAC化粧品は私のウェブサイトから私を見つけました。

あなた自身のスタイルに依然として忠実でありながら、お客様のニーズをどのように満たしていますか?
クライアントと仕事をするときは、自分自身に忠実に留まることが大変です。私がマリブと一緒に働いていたとき、彼らは写真とイラストレーションのルートを下りたいと思っていました。私はそれが自分のプロダクトにとって妥当だとは思わなかったので、抽象的なイラストレーション作業に向けて彼らを調整しました。私はいつも自分のニーズに本当に反応する最終的な成果を得るためにクライアントと一緒に仕事をするのに時間を費やすことを保証しますが、私の美的スタイルにも真のままです。

あなたの好きなクライアントプロジェクトは何ですか、なぜですか?
私はさまざまな理由であらゆる仕事を楽しんでいます。私は新しいメディアだったデジタルプロジェクトの写真家と協力しました。私はまだ手作業ですべてのイラストを作成してから、アートワークをデジタル化しました。Photoshopの周りを歩くにはしばらく時間がかかりましたが、それは本当に楽しいものでした。なぜなら、それは私にとって全く新しい方法だったからです。プロジェクトがあなたに何か新しいことを試してもらうのはいいことです。

ブランドの構築とプロモーションにどのように集中していますか?
私は自分自身のために話す仕事が好きです – それはしばしばカラフルで明るいです。自分自身を宣伝することは、私が現時点で取り組んでいることである、私には自然に自然に来ることはありません。私はときには物事のビジネス面に苦労しています – 私は最初にアーティストです。

現時点では、私は自分のオンラインストアを構築しています。私はグリーティングカード、ギフトペーパー、プリントを作成していますが、ヘッドラップやタペストリーなどの異なるテクスチャで模様入りのアートワークを作りたいと思っています。実際にイラストが実際に最終製品になると大好きです!私はできるだけ紙片にフラットなインクに近い製品を作りたいと思っています。

あなた自身を宣伝するためにソーシャルメディアを使用していますか?
私は、私の仕事の後ろにプロセスを示すことができるので、Instagramは間違いなく私のお気に入りです。すべてが手で描かれているので、各部分には多くのものがあります。私は人々が本当に作品の開発を見て楽しんで、私の創造的な旅の一部であることを知っています。

MOOはどのように使用しますか?
私は高品質の作品を制作することに自信を持っています。芸術そのものから包装に至るまで 私は含まラックスビジネスカードをすべてのためだけでなく、中にミニカード「ありがとう」のノートとして。すべてのパッケージは、ロゴが貼られたステッカーで封印されます。私の仕事をパッケージ化するときに本当の愛と気遣いを示すことが重要です.MOOはそれを達成するのに役立ちます。

あなたの次は何ですか?
私はいつも自分の芸術を使って政治や社会問題について私自身の意見を表現したいと思っていました。私は現在、オンラインストアで政治的にインスピレーションを受けた印刷物を販売しています。最近の政治的変化に触発された「Resist」という言葉。

自分のビジネスを始めたい起業家のためのヒントは何ですか?
私は誰かがこの質問を私に聞くたびにいつも私がどのようにユニで感じたかに戻る。私は私のイラストを私の家庭教師に見せてくれることを覚えています – 私はそれらを脇に置いてグラフィックデザインに固執するように言われました。否定的な批判には、人を麻痺させる方法があります。あなたが愛しているものに固執する、あなたの野望、目標、情熱から誰かを抑えさせないでください。それは本当にあなた自身を最初に信じることです。









~手描きのデザイン事務所ピースピース~

愛知県名古屋市にある当デザイン事務所には、約30名の絵本作家・イラストレーターが所属、多数の企業・団体・店舗さまのご依頼にお応えしています。あたたかみのある手描き(手書き)イラスト・絵本制作・商品デザインなら、ぜひ当事務所にご相談ください。


これまでの制作実績

・愛知県さまからご依頼いただいた教育用紙芝居
・外資系自動車部品メーカーさまからご依頼いただいた、記念カレンダー
・飲食店さまからご依頼いただいた手描きメニュー表
・愛知県蒲郡市にある竹島水族館さまからご依頼いただいた、オリジナル販売グッズ
・介護施設様からご依頼いただいた、アクティビティグッズ
・リトミック教室さまからご依頼いただいたリトミック用の絵本
・愛知県にある市区町村さまからご依頼いただいた地域信仰絵本
・知多半島にある酒造メーカーさまからご依頼いただいた社会見学用の民話絵本
・某温浴施設さまからご依頼いただいた、温浴施設スタンプラリー用パンフレット
・博物館 明治村さまクイズラリー「虹色みーつけた」メインビジュアル制作
・日立アイイーシステム労働組合のQuoカードデザイン
・介護タクシー会社さま/会社案内パンフレット
・竹島水族館の販売用グッズ、オリジナル『あいうえお表』
・福島ひまわり里親プロジェクトさまのキャラクターデザイン
・某食品会社さまからご依頼いただいたコーヒーパッケージデザイン
・愛知県の幼稚園さまからご依頼いただいたオリジナル読み聞かせ用絵本